交通事故後、病院で異常なしと言われても症状が改善されない方はむち打ち症改善センターにご相談ください

  • 交通事故後、こんな症状ありませんか?
  • じっとしていると首が痛く仕事や勉強に集中できない
  • いつも首から肩が重く頭が痛い
  • 手足のシビレが気になる
  • 寝つきが悪い、眠りが浅くなった
  • 座っていると腰が痛む
  • 天気の悪い日はひどく痛む
  • ツライのに周囲の人たちから理解されず、気がめいる

むち打ち症には、症状に合わせた施術が必要

交通事故による むち打ち症の分類と症状

ストレートネック症状 交通事故の衝撃で、頸椎の骨がずれて歪み、本来、前方にカーブを描いている頸椎が真っ直ぐになってしまう状態です。
頸椎は、カーブ構造していることで、外部からの衝撃や悪い姿勢からの負担を和らげる、バネみたいな働きをしていますが、そのカーブが失われ、ストレートになってしまうと、バネみたいな柔軟性がなくなり、衝撃をもろに受けるようになってしまいます。
また、首を支えるため、常に、首や肩周りの筋肉が緊張し続けるのて、常に張りやコリ感が抜けません。交通事故による頭痛の大半は、ストレートネックによるものです。むち打ちになると、もっとも合併しやすい症状の一つです。
レントゲンで、ストレートネックと診断される方が大変多くみられますが、ストレートネックの治療や施術を受けられるところは、とても限られてしまいます。
当院では、ストレートネックによる症状を改善する施術を行っております。
頚椎捻挫型 頚椎の周囲の筋や靭帯などの損傷で、最も多くみられ、むちうち症全体の大半を占めているとされています。追突事故の場合、首の後ろや肩に痛みが出やすく、上を向くと痛みが悪化します。
肩・首の動作制限も出現します。
根症状型 頚椎の間を通る神経が圧迫されて症状がでます。
しびれなどの神経症状を合併するのが特徴です。
首の痛み以外にも、ひどい肩こり、腕の痛み、しびれ、だるさ、後頭部痛などが出現します。
バレ・リユウー症状型 後部交感神経症候群ともいいます。
頚椎に沿って走っている椎骨動脈の血流が低下して、頭部の広範囲の痛み、めまい、耳鳴り、吐き気などの症状が出現します。
脊髄症状型 頚椎の後ろを通る脊髄が傷つき、足のしびれや知覚異常が出現し、歩行障害が出てきます。他には、膀胱直腸障害といって、尿や便が出にくくなるケースもあります。
脳髄液減少症 脳脊髄液漏出症ともいいます。交通事故のむち打ちの影響で、脊髄を包む硬膜に傷が入り、激しい頭痛やいろいろな全身症状が現れる症状です。不定愁訴が現れます。

当センターは交通事故のむち打ち症の施術を行っています。

交通事故によるむち打ち症では、中途半端な施術で完治に至らず、 後遺症が残ってしまう方が多くいます。

  • 当初あまり痛くなかったから軽くみていた
  • MRIやレントゲン上異常なしと言われ、気のせいだと思い我慢していた
  • 病院以外で診てもらえるところがわからないから我慢していた
  • 仕事後に通えるところがなくて我慢していた

こういった方々が、現在も「雨の前の日に患部がうずく」「上を向いた時に首が痛む」など、交通事故によるむち打ちの後遺症に苦しんでおられます。これらの原因の多くは、瘢痕(はんこん:かさぶた)です。

皮ふのケガで出来たかさぶたは、治ったらポロッと取れますが、体内に出来たかさぶたはそうはならず、中途半端な施術では、吸収されずに瘢痕(はんこん)として残り、雨の前の日などに「古傷がうずく」原因となるのです。

特にむち打ちの場合は、10年以上も後遺症に苦しんでいる方がいらっしゃいます。
瘢痕(はんこん)を残さないためにも、ちゃんと施術を受けることが大切です。

※脳脊髄液減少症や軽度外傷性脳損傷の疑いがある場合は、医療機関にご紹介いたします。

当院は、施術から示談交渉に対するサポートまで、交通事故のむち打ち施術に特化した整骨院です。

むち打ち施術センターの施術について

施術費について

0円です。示談をする前であれば、患者さまの負担はありません。

自賠責保険(負担額0円)での施術をご案内しておりますので、まずは悩まず一度ご相談ください。

補償について

むち打ち症の施術費以外に、交通費休業損害費が補償されています。

交通費
公共交通機関、タクシー、有料駐車場、自家用車のガソリン代などが補償されています。
休業損害費
休業した期間の給与、賞与相当分などが補償されています。
(自賠責保険基準で1日5,700円~19,000円要証明)

施術期間について

むち打ち症の平均的な施術期間は3ヶ月前後。
比較的早い方は、2週間前後で70%〜80%の症状は減少します。

むち打ち症の平均的な施術期間は3ヶ月前後みていただいています。これはケガの程度や事故の種類によっても違います。比較的早い方は、2週間前後で70%~80%の症状は減少します。 治りづらい症状としては、上を向いた時の首の痛みや首や肩の重さ、悪天候時のうずく症状などです。 これらの症状は、どうしても3ヶ月前後かかるケースが多いです。 注意していただきたいのが、症状が軽くなったからといって、完治ではありません。 施術が中途半端であったため、後々後遺症が残る方が多くいます。雨の前の日に痛みが出てくる、いわゆる“古傷がうずく”状態です。そうならないためにも、交通事故によるむち打ち症施術で大事なことは「少しでも早く施術を開始すること」「症状に合わせた施術でしっかり最後まで施術をすること」です。

慰謝料について

交通事故の被害者になってしまった方には、必ず慰謝料が発生します。

交通事故の被害者になってしまった方には、交通事故が原因による肉体的・精神的損害を補うための慰謝料が発生します。目安としては、1日1回の通院につき4,200円の慰謝料が後日まとめて支払われます。
具体的な算定としては、「施術期間×4,200円」または「通院実日数 ×2)×4,200 円」どちらか少ない方となります。

むち打ちの症状に合わせた施術は
私たちにおまかせください!