交通事故にあったら?

交通事故の加害者の責任について

近年、痛ましい交通事故をよく耳にします。

高齢ドライバーがブレーキとアクセルを踏み間違えて、子どもをひいてしまった。

車同士の交通事故に巻き込まれて、幼児が死亡した。

などなど

法律上、交通事故が発生した場合の加害者の責任については、

交通事故が発生した場合、加害者には民事上の責任(被害者に対する損害賠償責任)、刑事上の責任(業務上過失致死傷罪、危険運転致死傷罪等)、行政上の責任(免許停止や免許取消しなど)、の3つの責任が発生します。

 

しかし、これで尊い命が戻ってくるわけではありません。

今一度、初心に帰り、安全運転を心掛けたいものです。