交通事故にあったら?

交通事故の示談はいつするのでしょうか?

交通事故のむち打ち症の患者さんの施術で、よく受ける質問にお答えいたします。

 

今回は、全く初めての交通事故の患者様です。

信号待ち中に、突然、後方からドーン!

追突事故によるむち打ち症でした。

スピードはそんなに出ていなかったようですが、

車の後方はべっこり凹んでしまっていたそうです。

症状の方も、はじめは何ともなかったようですが、

時間とともに、頭の重さと腕のしびれが出てきたようです。

注)むち打ちの場合、だいだい事故直後より、時間とともに症状が現れます。

 

全く初めての事故だったので、頭が真っ白でパニックになったそうです。

まずは、整形外科でレントゲンをとられで、施術は当院で、

という流れでした。

問診の際に、相当、いろいろ溜まっていたのか、

質問をたくさん受けました。一通りお答えして、一安心してくれました。

確かにわからないことだらけですからね。

 

その中で出てきた質問の一つがこちら↓

 

Q 示談はいつするものなのでしょうか?

A ケガが治った場合はその治った時点で、示談交渉に入ります。ケガが治りきらずに後遺症が残った場合は、
 後遺障害等級が確定した時点(または、非該当が確定した時点)から示談交渉となります。
 一般的には、弁護士さんに入ってもらうとスムーズに交渉ができます。
 こういう時は、保険契約の中に弁護士特約があると便利です。

 

まずは、ちゃんと治すことです。治ってからの示談です。

 

あらかわ本郷整骨院からの案内でした。