交通事故にあったら?

むちうちで雨の日に痛くなるのはなぜ?

むち打ち症の方で、困ってしまう症状の典型が、これです。

 

雨の日にうずく症状です。

いつもより重く感じたり、張りを感じたり、うずく痛みを感じたりします。

 

なぜかというと、低気圧のせいです。

人の身体は、気圧が高い方には強く、

気圧が低い方には弱いのです。

 

気圧が低くなって、雨が降る頃になると、普通の人はなんともなくても、

身体が弱っている方は、その部分に辛さが顕著に現れるのです。

 

たとえは、

頭痛持ちの方は、頭痛が出てきて、

腰痛持ちの方は、腰痛が出てきて、

昔、手術をやった方は、その部分がうずいて、

交通事故のむち打ちの方は、首が重ーくなることが多いのです。

 

 

こういう天気に影響される症状は、しっかりと治療を受ければ、

改善します。

しかし、時間勝負です。

事故から間が空きすぎてしまうと、古傷となり、治療しても治りません。

 

そのため、事故で負傷したら、間をあけずに、しっかりと治療を受けましょう。

 

あらかわ本郷整骨院でした。