交通事故にあったら?

交通事故で股関節が痛くなるケース

あらかわ本郷整骨院です。

 

交通事故の追突事故で股関節が痛くなるケースがあります。

これは、どういうメカニズムでなるのでしょう。

 

追突事故の場合、首のむちうち症をイメージされる方は多いですが、

なかには股関節を痛める方もいらっしゃいます。

こういう方の大半は、

 

「急ブレーキ」を強く踏んだ状態で衝撃を受けた事による

股関節の損傷なのです。

 

これは、加害者の場合でも、被害者の場合でも起こりえます。

 

加害者の場合、前方の車に気付き、

急ブレーキを踏んだけど間に合わずに、

そのままズドーンと衝撃を受けてしまう。

 

被害者の場合は、多重事故に多いです。

追突を受けて、その前の車にぶつからないように、

とっさにブレーキを踏んだけど、

間に合わず、前の車にぶつかってしまうケースです。

 

 

このような衝撃を股関節に受けると、

股関節のズレが発生してしまします。

股関節のかみ合わせがずれる状態です。

上方にずれてしまうことが多いです。

 

 

車の衝撃によるズレは、

専門的な施術が必要です。

なぜなら、日常生活で起きた股関節のズレではないので、

そんなに簡単には矯正されないのです。

 

そのため、

とても治りずらい症状なのです。

 

おそらく、こちらの記事をご覧になっている方も、

事故による股関節症状でお困りのために

読み進めていらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

しかし、

ご安心ください。

当院では、こういう治りずらい股関節のズレも

治す矯正方法があります。

 

お困りの方は、お気軽にご相談ください。