交通事故にあったら?

痛み止めは、やっぱり飲んでいた方がいいですか?

交通事故のむち打ち症でお悩みの方から、よく受ける質問にお答えいたします。

 

 

痛み止めは、やっぱり飲んだ方がいいですか?

とよく質問を受けます。

 

 

この質問は、掘り下げていくと、

・なるべくなら痛み止めに頼りたくない。

・胃が荒れるから嫌だ。

・あまり効果が感じられないのに飲み続けてよいのか?

 

という本音につながります。

 

当院の見解をお伝えすると、

 

胃が荒れたり、効果が感じれない場合は、担当の医師に相談して、中止、もしくは薬の変更となります。

なるべくなら痛み止めに頼りたくない方も、処方してくれた担当の医師との相談になります。

 

しかし、もし、効いているのであれば、

痛みの強い間は、頼ることをおすすめしています。

なぜなら、

強い痛みをガマンしていると、周りにすごく力が入り、

二次的なコリやつらさの原因になります。

また、痛みの回路ができると言われていて、

専門的な内容は割愛しますが、

脳が、痛くないのに、痛みを勘違いして痛く感じてしまうようになることもあります。

 

なので、

あまりにも痛いときは、薬に頼ってください。

それで、効かない場合、胃が荒れて辛い場合などは、

医師に相談の上、その指示に従うようにしてください。

 

以上、

あらかわ本郷整骨院の見解でした。